image

5歳の誕生日おめでとう〜僕の夏休み総集編〜

LINEで送る

こんばんは☆

 

お待たせいたしました。

 

今回は長編になります。

準備の方はよろしいでしょうか?

 

image

 

(はい大丈夫です!!)

 

・・・。

 

では早速。

 

話はかなり遡りますが、8月25日で娘が5歳になりました。

毎年5月と8月は子供の誕生日もあって旅行に行くのが我が家の家訓なのですが、

 

 

果たして今回の行き先は・・?

 

 

image

 

 

 

・・・。

 

はい。

 

 

image

 

 

 

【夢の国】でございます。

 

またしても、、

 

皆さん気になりますか?

 

一体誰が運転したのか・・。

 

出発前、オーナーから言われました。

 

「頼むし新幹線で行ってくれ。」

 

 

・・と言われましても、、

 

「命が心配や。」

 

言われるだけの理由があるわけなのですが、、

とりあえず強強打破飲んで頑張りますと答えたわけです。

 

するととある物を勧められました。

 

ドリップしたエスプレッソをもう一度ドリップしたエスプレッソ

 

これが何よりも効くという事でそれを作っていざ出発。

 

・・・至る四日市。

 

浩さん、、

 

 

image

 
胃が激痛なんですけど・・。

 

 

結果からお話しましょう。

 

今回初めて運転する事ができました。(でもドリップはもうやめます。)

 

さて。

まずはチェックインです。

 

 

image

 

 

何ともオシャレなホテルでした。

 

 

image

 

 

今回はしっかりディズニー仕様で来てくれたみたいですね。

 

旅の目的を娘に聞いてみました。

 

「ラプンツェルと写真撮りたい」

 

僕は思いました。

 

 

image

 

 

服ラプンツェルちゃうやん

 
僕がラプンツェルなら妬きます。

ジェラシー感じます。

 

調べによると中々お目にかかれないという事だったので2日間の目標として楽しむ事になりました。

 

旅のテーマがこちら。

 

ラプンツェルとチップとデールに会いたい!

 

※後者は息子の願いです。

 

ひとまず、夢の国を楽しむことになりました。

 

今回の旅の主役は娘です。

 

でも僕のブログのスタンス上、主役になるのは大体息子です。

 

メリーゴーランドに乗りたいと言ったので並びました。

 

 

image

 

 

・・・ん?

 

 

image

 

 

image

 
靴どうした靴。

 

ベラベラやんか。

 

新しいヤツやでそれ。

 

 

 

一先ずそのまま乗りました。

 

 

image

 

 

※どう映るか分かりませんが、楽しんでおります。

 

 

image

 

 

確実に持つとこ間違ってますけどね。

 

終了後。

 

んでもこのまま履かせる訳にもいかんしな、、

 

「とりあえずこれ履いて!」

 

姉の靴を借りる事に。

 

2歳離れているのに足のサイズ一緒て、、など思いながら、

 

 

image

 

 

水分補給する息子、、

 

 

・・ん?

 

 

私は目を疑いました。

 

 

image

 

 
そっちかぁい!!

 

 

 

image

 

 

おかしいでしょうよ。色々と、、

 

 

image

 

 

幸先不安でなりませんでした。

 

初日はお目当のキャラクターには会えませんでしたが、

 

 

image

 

 

何か急に大人びた娘の成長を感じたり、

 

 

image

 

 

相変わらずな息子のポテンシャルにホッとしたり、

 

 

楽しい1日を過ごしました。

 

2日目。

朝食を済ませ、出発前に写真を撮って頂きました。

 

 

image

 

 

お忙しい所恐縮ではありますが、、

 

 

 

image

 

 

もう少し欲しかったです。色々と、、

 

そしてその時はやってきます。

 

 

image

 
いたーー!!

 

息子を走らせます。

 

 

image

 

頑張れ!

 

 

image

 

 

 

負けるな!

 

 

image

 

 

しっかりアピールしろ・・

 

 

いや、、

 

image

 

 

もっと喜んでよ・・

 

結局、

 

 

母は強しでした。

 

キャラクターとの撮影は続きます。

 

 

image

 

デイジーに、、

 

 

 

image

 

豚、、

 

image

 

 

髪ある犬に、、

 

 

image

 

 

髪ない犬。

 

 

あ。

 

ドナルドがいました。

 

 

image

 

 

この写真から高岡Jrがどれか皆様にはご理解頂けますよね?

 

その為にみんなで同じ服着ましたからね。

 

何故でしょうか?

 

 

image

 

 

こうなりました。

 

 

image

 

 

不満をモロに出してしまう気持ちも分かりますよ。

 

 

image

 

 

クルーの方の焦りも伝わりますね。

 

ブログへのご協力ありがとうございました。

 

そして、更なる奇跡が!!

 

 

やっと出会えました・・

 

 

image

 
先ほどのクルーのお兄さん。

 

いや違う。ラプンツェル。

 

 

image

 

 

何だか感激で涙が出そうになりましたよ。

走り回った甲斐があったよ。

 

あ、

 

息子ですか?

 

息子はね、

 

 

image

 

image

 
ポテンシャル高めです。

 

自分の欲求には非常に素直です。

 

状況に左右されません。

 

 

image

 

この時も、、

 

 

image

 

image

 

 

ポテンシャルは高め。

 

 

image

 

 

父親そっくりですね。
このままでは可哀想なので、

 

ウッディになりたい息子の為に用意しました。

 

ご覧ください。

 

image

 

 

image

 
真似する相手違うやろw

 

 

パレードも見ました。

 

この格好をした息子に気づいてくれたウッディが親指を立てて合図を出してくれました。

 

僕は興奮しました。

まさかそんな事してくれるとは思っていなかったので、

 

「やったやん!ウッディ気付いてくれたな!」と息子の方を見ると、、

 

 

 

image

 
まさかの親指返しw

 

最早ポテンシャルだけの問題では無さそうですね。

 

ミッキーと写真を撮りました。

実は前日にも撮っていたのですが、、

 

 

image

 

 

image

 

 

これはあまりにも家族画的によろしくないでしょうという事で取り直しました。

 

 

image

 

 

画はまとまりました。

 

やっぱり、、

 

 

image

 
高いね〜ポテンシャルw

 

 

2人の足元のアンバランス感はもう良しとしましょうか。

 

楽しいディズニー2DAYは目標達成で無事に終わりました。

 

 

 

まだ続きます。

 

3日目。

横浜はみなとみらいにやってきました。

コスモスクエアという遊園地だったのですが、、

 

・・・ん?

 

 

image

 

 

お、おい・・

 

 

image

 

 

また靴ベラベラやないか。

 

 

image

 

 

姉の靴もベラベラやないか。

 

24時間以内に靴を2足も破壊する人と出会ったのは息子が初めてでした。

 

遊園地があまり楽しくなかったので、

近くにあるこちらにお邪魔しました。

 

 

 

image

 
カップヌードルミュージアム

何でもオリジナルのカップヌードルが作れるということで、ウキウキでやって参りました。

 

 

image

 

まるで社会見学です。

息子は、、

 

 

 

image

 

 

 

協調性皆無です。

 

トリックアートでも何でもないのですが、

 

 

image

 

 

 

image

 

 
究極に馴染みます。

 

さすがです。

 

【世界のラーメンを屋台で】

って事で、こちら。

 

 

image

 

 

image

 

 

国が違うだけでこうもラーメンの種類は変わるんですね。

ちなみに、僕は生まれて初めてトムヤンクンを食べたのですが、

 

「お客様、パクチーはお入れしても大丈夫ですか?」

 

(-_-)。o  (お?そんな事確認するんだ?)

 

(-_-)。o  (最近巷で人気のパクチーか。 そんなもんもちろん、、)

 

「ぜひ入れてやってください!」

 

香辛料が効いててレモンの酸味が食欲そそる麺料理という事で、まず一口、、
辛ッ!! 

 

のちのレモンでむせまくり、、

 

(ダメだ!お口直しのパクチーを、、)

 

 

image

 
ンバババ~

 

 

 

入れて良いかの確認の意味が分かりました。

 

余談ですが、我が子には好き嫌いなく何でも食べなさいと言ってます。(妻が)

同時に一生懸命作ってくれている人がいることも教えています。(妻が)

 

image

 

 

娘「パパ、それ美味しくないの?」

 

僕「美味しいよ。ちょっと辛いけどね。」

(死んでも美味しくないなんて言えません。)

 

 

image

 

 

息子「本当はパパ嫌いなんやろ?」

 

僕「好きやで。ちょっと辛いだけ」

(最近息子が温水さんに見えるのは僕だけでしょうか?)

 

やっとの思いで完食し、いざカップヌードル作りに。

 

 

 

STEP1

・カップをデザインしょう

カップ(別売り300円)を購入し、

 

image

 

製造年月日を記入後、余白を自由に埋めていきます。

 

 

image

 

 

各自思いのままペンを走らせます。

僕はと言いますと、

 

 

image

 

 

イタリアの地中海をイメージしたカップを作成しておりました。

 

「それただ色塗ってるだけやん。」

 

いや、、

 

 

image

 

 

確かにすごいけど・・

 

自由でいいんじゃないのコレ、、

 

すると、

 

「オリジナリティーにかける。」

 

いや、、傷つく、、

 

「ママ〜かぼちゃのおばけ書いてー。」

 

(_ _).。o○ (そういやハロウィンか〜。よし!ハロウィン仕様にしよ!)

 

 

出来た!!

 

 

image

 
ジャッジャジャーン!!

 

これこそハロウィンだろがい!

 

「何でコウモリ?意味分からんのやけど。」

 

(_ _).。o○ (んだよ。意味が分かるようにしてやるよ。)

 

 

image

 

 

これで分かるやろがい。

 

STEP2

・麺を入れてスープと具材を決めよう

 

 

image

 

 

カップをセットし、

 

 

image

 

ハンドルを回して麺をカップin。

 

続いて具材とスープなのですが、、

 

僕の立ち位置からは、

 

 

image

 

 

こう見えてますが、列の位置からは、、

 

 

image

 

 

image

 

 

(ヌォオオー!何でこんな事書いたんだ。)

書いた自分と理由を問うた妻を恨みました。

 

出来たカップヌードルは、

 

 

image

 

 

蓋をされ出て参ります。

 

僕のは、、

 

 

image

 

 
そっち向け止めてってば、、

 

STEP3

・袋詰めして完成!

 

 

image

 

 

専用の袋に入れて完成でございます。

 

 

image

 

 

確実に、

 

 

image

 

 

僕のサイズ感間違ってますね。

 

ってなわけで、3日に渡る高岡旅行記は終焉。

 

色んな意味で目標を達成出来た子供へのプレゼントは、

自分にとっても大きなプレゼントになりました。

最近、段々と抱っこをさせてくれなくなってきたり、

何でも自分にするようになってきてる娘。手が離れていく反面、少し寂しさも感じています。

何も出来ない僕を、日々子供が親にしてくれてますが、父親の背中というものを見せれるように僕も貴重な時間を関わっていきたいと思います。

 

そんな事を思いながらの帰り道。

ふと耳に入った子供同士の会話。

 
何であいつコウモリとか書いたんやろな。」

 

 

 

image

 

 

・・・・・。

 

 

5歳の誕生日おめでとう。

パパとママの元に産まれてきてくれてありがとう。

こんな僕を父親に選んでくれてありがとう。

 

コウモリとか書いてごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Previous Post Next Post

You Might Also Like