image

カットのこだわり☆〜ショート編〜

LINEで送る

こんばんは☆

 

カットの際にもご説明はさせて頂いているのですが、

普段どんな部分にこだわってどういう風にスタイルを作っているのかまでは中々ご説明出来ないので、今日はそんな【カットのこだわり】について書きたいと思います。

 

どんなスタイルでも言える事ですが、特にショートスタイルでこだわる点は、

 

・フォルム(形)

 

 

image

 

 

例えば同じショートスタイルでも、ショートレイヤーなのかボブなのかによってスタイルは全く別物になります。

360°綺麗なシルエットになるように作っていきます。

 

・ウエイトの位置

 

 

image

 

image

 

 

写真の丸で囲んだ部分がウエイトと言います☆

この高さが高いか低いかでもスタイルの見え方はかなり変わります。

スタイルを決める上でも非常に重要なポイントでとても大切に考えてます。

 

・質感

 

 

image

 

 

毛先のタッチが主ですが、ご自宅でスタイリングした際の柔らかさやブラントといって切りっぱなし感が特にショートレイヤースタイルに関しては出ないようにしています。

毛先のタッチ感1つで柔らかいor固いが変化するのでここもとても大事なポイントです☆

 

では早速切っていきます☆

 

 

image

 

 

フォルムをどうするかが決まったら、

 

 

image

 

 

ウエイトの確認です。

 

しっかりイメージをしてカットしていきます。

 

 

image

 

 

カットベーシックにも色々あり、BAжHOでもベースカットは統一されています。

美容師さんによって考え方は色々だと思うので、これはあくまで僕の+αの考えですが、

 

 

image

 

 

写真の様に指を丸め切り口をカーブさせる事で丸みを強調でき、まとまりやすいスタイルに仕上がります☆

バックの切り終わりです☆

 

 

image

 

後頭部に丸みが出ましたね☆

 

 

そこからサイドもつなげて、

 

 

image

 

 

ボブスタイルはこんな感じ♪

 

 

image

 

 

ドライです☆

ここもこだわりの1つなのですが

 

ハンドブローのみ

場合によりますが、基本ブローはしません。

理由として、お家に帰ってからのスタイリングでブローをするという方が圧倒的に少なくなった事と、

僕の中で扱いやすい=乾かすだけで収まる

もしくは

扱いやすい=お店での仕上がりと変わらない状態にお家でも出来る

だと思っていて、基本はドライのみでカットする事が多いです☆

 

ドライ後です。

 

 

image

 

こちらはボブスタイル☆

 

 

image

 

 

ここから毛量調整と質感調整をしていきます☆

 

よくご説明させて頂くのですが、

 

見た目以上に軽い

毛先がペラペラになると当然ながらまとまりが悪くなります。

かといってただ重いだけだと扱いが大変・・

それを解消する為の骨格補正です。

 

 

image

 

耳にかける事も想定してカドを落として毛量調整☆

 

仕上がりです☆

 

【ショートレイヤー】

 

image

 

 

【ボブ】

 

 

image

 

 

こう見るとかなり変化したのが分かりますね(^ ^)

 

普段のお話の中では中々お話出来ませんが、

こんな事を考えながらカットさせて頂いております(^ ^)

 

お悩みな箇所等ありましたら、お気軽にご相談下さいね☆

 

 

 

 

 

Previous Post Next Post

You Might Also Like