img_5736

ブリーチなしで綺麗なアッシュグレーに染める方法【ネイビーアッシュグレー】

LINEで送る

こんばんは☆

 

今回もグレー系のカラースタイルをご紹介したいと思います(^ ^)

まだまだ多いアッシュグレー。

 

やってみたいけど中々ならない!って方や、

ブリーチしないと出来ないんでしょ?と思ってらっしゃる方が非常に多いです。

 

これまでブリーチをしないアッシュグレーの染め方等をアップしてきましたが、

実際に担当させて頂いているお客様の中には、赤みが非常に強く、グレーになりにくい方もいらっしゃいます。

寒色系カラーに限った事ではありませんが、【継続する】事が大切で(ベースにもよりますが)1回のカラーではなりきらない事も正直あります。

そこで、更に発色のクオリティーが上がる方法を写真と共にご提案したいと思います。

 

img_5735

 

ブリーチなしでグレーの土台を造る

これは今までと同じなのですが、カラーを2回します。

1度目のカラーはグレーにする為の土台造り。

2度目でグレーを乗せるというやり方です☆

 

img_5734

 

ブルーではなくネイビーを土台にする

ここが今回のポイント☆

ブルーアッシュの青をより深くし、

色味を濃くする事でグレーの発色を良くする事ができ、より彩度を落としたグレー感が得られます。

 

緑が苦手な方はバイオレットをプラス

アッシュにすると緑になったという経験をされた方は多いのでは?と思いますが、

個人的にこのやり方では1度目のカラーでは緑が出てもいいと思っています。

 

 

img_5734

 

かなり緑ですよね?

ここで完璧な発色というのはネイビーを最大限に出す事。

真っ黒になる沈みは良くないですが、あえてしよう薬剤よりも沈むくらいを目安に発色させます。

それでもマットが苦手という方には、バイオレットを混ぜて少し淡さを出すようにさせて頂いてます☆

 

こちらが1度目のカラー終了後。

 

img_5733

 

img_5732

 

かなり深くなったのが見て取れると思います。

さて、ここからグレーです☆

 

 

img_5731

 

グレーをオンカラー

基本ここでアッシュは使いません。

今回のお客様はインナーカラーの履歴があったのでバイオレットを混ぜましたが、

基本は色味を最大限に出す為に、グレー単色にほぼ黒に近いグレーをMIXしてカラーをしていきます(^ ^)

 

そうすると、あんなに沈んだ色味が、

 

img_5729

 

ここまで淡くなり、

 

 

img_5730

 

 

光に透かすと確実な無彩色にする事が出来ます☆

 

ハイライト履歴のある方でも、

 

img_5728

 

 

写真のようにそれを生かす事ができ、

 

img_5727

 

 

透明感と柔らかさのあるアッシュグレーに染め上げる事ができます♪

 

2剤のパーセンテージもかなり抑えてあるので、ダメージも遥かに軽減したブリーチを使わないダブルカラー。

 

グレーにしてみたい方、また少し違ったグレーにしてみたい方は是非参考にしてみてください☆

 

Mちゃん、ありがとうございました(^ ^)

 

 

 

 

Previous Post Next Post

You Might Also Like